2021年09月25日(土曜日) 18:01 地域・まち

じゃれ合う姿がかわいすぎる! 神戸どうぶつ王国でブッシュドッグの双子公開

神戸どうぶつ王国では、中南米に生息するイヌの仲間「ブッシュドッグ」の双子が誕生し、一般公開されています。

前足を精いっぱい伸ばし、ミルクをおねだりするブッシュドッグの赤ちゃん。

8月兵庫県の神戸どうぶつ王国でオスとメスの双子が生まれ、およそ160グラムだった体重は1キログラムを超えるまでに成長しました。

ブッシュドッグは、「ヤブイヌ」とも呼ばれ、水の中を泳ぐことができるのが特徴で、手の皮膚が水かきのように発達しています。

準絶滅危惧種に指定され、国内では現在17頭が飼育されているということで、訪れた人はその珍しい姿とともに、仲良くじゃれ合う様子をカメラに収めていました。

ブッシュドッグの赤ちゃんの一般公開は1日2回行われています。

あわせて読みたい

広告

広告

広告

PAGE TOP