2021年09月09日(木曜日) 17:11 地域・まち

上郡町議会が産廃最終処分場の住民投票条例を可決

兵庫県上郡町などに計画されている産業廃棄物の最終処分場の建設について計画の賛否を問う住民投票を行うための条例が9日、上郡町議会で可決されました。

賛成多数で可決されたのは建設が検討されている産業廃棄物の最終処分場について住民の意思を問うための住民投票を行う条例です。

条例の対象となっている産業廃棄物の最終処分場は、赤穂市と上郡町の土地に建設する計画が進められています。建設の反対を訴え初当選を果たした梅田修作町長が、計画の賛否について住民投票を行おうと条例案を提出していました。

条例が施行されてから30日後以降に住民投票が行われるということです。

あわせて読みたい

広告

広告

広告

PAGE TOP