2021年09月09日(木曜日) 16:44 地域・まち選挙

神戸市長選に岡崎史典さんが立候補表明

任期満了に伴い10月に投開票が行われる神戸市長選に、無所属新人で、共産党が推薦する方針の岡崎史典さんが立候補を表明しました。

岡崎史典さんは神戸市在住の52歳で政治団体「市民にあたたかい神戸をつくる会」で共同代表を務めています。

岡崎さんは無所属で共産党から推薦を受ける方針で、9日の会見で「市民の命と雇用を守る」と抱負を述べたほか、三宮の再開発については見直しが必要だと訴えました。

これまで現職の久元喜造さん、音楽塾経営の服部修さん、それに元加西市長の中川暢三さんが立候補を表明している神戸市長選は10月10日に告示、24日に投開票が行われます。

あわせて読みたい

広告

広告

広告

PAGE TOP