2021年08月26日(木曜日) 18:18 新型コロナ

府県を越えた不要不急の外出自粛を求める 関西広域連合で新型コロナ対策本部会議

近畿2府4県などでつくる関西広域連合は、8月26日、新型コロナウイルス対策本部会議を京都市内で開き、府県を越えた不要不急の外出自粛を呼びかける宣言を採択しました。

関西広域連合の会議は京都市内のホテルで開かれ、兵庫県の斎藤知事が就任後、初めて参加しました。

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、関西広域連合は感染対策の徹底を呼びかける宣言を採択した他、原則として府県を越えた不要不急の往来自粛を市民に求めました。

一方、対面式で行われた今回の会議について、連合長を務める和歌山県の仁坂知事は同じような感染状況であれば次回からオンライン形式にする考えを示しています。

あわせて読みたい

広告

広告

広告

PAGE TOP