2021年08月16日(月曜日) 21:21 地域・まち

三田市で小学校教諭7人が新型コロナ感染

  • 三田市役所

三田市教育委員会は、市内の小学校に勤務する教諭7人が新型コロナウイルスに感染したと発表しました。
教諭らは8月に2度、自宅で会食していたということです。

感染が確認されたのは、三田市内の小学校5校に勤務するいずれも20代の男女7人の教諭です。教育委員会によりますと、8月3日、教諭4人が、女性教諭の家で食事会を開催。その2日後、この4人のうち2人を含む合わせて6人が別の男性教諭の自宅で会食したということです。教諭は、いずれも軽症で、夏季休業中であるため、児童との接触はありませんでした。
集団感染を受け、三田市教育委員会の鹿嶽昌功教育長は、「まん延防止等重点措置がなされている時に、教職員の軽率な行動により、複数の感染者が出たことに対し、お詫び申し上げます」とコメントしています。

あわせて読みたい

広告

広告

広告

PAGE TOP