2021年08月16日(月曜日) 17:52 地域・まち新型コロナ

神戸市が12歳から15歳への接種券を8月30日に発送 新型コロナワクチン

神戸市は新型コロナウイルスのワクチン接種について、12歳から15歳への接種券を8月30日に発送すると発表しました。

神戸市はワクチン接種対象の市民の8割に相当する110万人分のワクチンが国から供給される見通しが立ったとして今後の予約受付のスケジュールを新たに発表しました。

17日から40歳から59歳までの予約できる会場を拡大するほか、19歳から39歳までの予約を開始します。 また、12歳から15歳までの接種券を30日に発送。

接種する際には原則保護者の同伴が必要で、神戸市では、看護師などが相談に応じる専用の電話相談窓口を設置することにしています。

あわせて読みたい

広告

広告

広告

PAGE TOP