2021年08月10日(火曜日) 22:46 地域・まち新型コロナ

新型コロナワクチンの夜間接種 神戸市役所で始まる

仕事帰りなどでもワクチン接種が受けられるように、兵庫県神戸市は10日から夜間の接種を始めました。

神戸市役所で始まった夜間接種は、新型コロナのワクチン接種について事前アンケートで、20代などに夜間を希望する声が多かったこともあり、平日の午後6時から9時に行われるものです。

神戸市では現在、40歳以上や基礎疾患がある人のほか、高齢者施設や学校園で働く人などを優先接種の対象としています。

接種を受けた人からは「便利ですね。仕事が終わってからできるというのもありますし」「仕事を済ませて早退してきました。仕事帰りに来られたら便利ですよね」といった声が聞かれました。

神戸市役所での夜間接種は、8月の予約はほぼいっぱいとなっています。

あわせて読みたい

広告

広告

広告

PAGE TOP