2021年07月06日(火曜日) 22:49 地域・まち新型コロナ

「まん延防止」解除後、飲食店の酒提供は午後8時まで

7月11日に期限を迎える「まん延防止等重点措置」について、兵庫県は解除された場合飲食店に対して土日の酒類の提供を認めるとともに時短要請を県内一律で午後9時までとする方針であることが分かりました。

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、兵庫県内には、現在神戸・阪神間と播磨地域の合わせて15の市と町を対象に「まん延防止等重点措置」が適用されていて、措置地域の飲食店に対して午後8時までの時短営業を要請。
酒類の提供は、平日のみ午後7時まで、土日は禁止としています。
これについて県は措置が解除された場合飲食店への時短要請を県内一律で午後9時までとし、酒類の提供を午後8時までに1時間緩和する方針であることが分かりました。

また、土日の酒類提供も認める方針で、今週中に開く対策本部会議で詳しい内容を協議する予定です。

あわせて読みたい

広告

広告

広告

PAGE TOP