2021年06月15日(火曜日) 18:16 地域・まち

菅内閣不信任案 衆議院で否決

立憲民主党など野党4党が共同提出した菅内閣に対する不信任決議案は先ほど衆議院本会議で採決が行われ与党などの反対多数で否決されました。

野党側は不信任案で新型コロナウイルスや、東京オリンピック・パラリンピックを巡る政府の姿勢を批判。一方、自民・公明両党は新型コロナ対策など総理の政権運営に問題はないとし対決姿勢を鮮明にしていました。

本会議では記名投票による採決が行われ自民・公明・日本維新の会などの反対多数で否決されました。

不信任案の提出は安倍内閣時代のおととし6月以来です。

あわせて読みたい

広告

広告

広告

PAGE TOP