2021年05月27日(木曜日) 18:44 地域・まち

新型コロナワクチン ノエスタ神戸の会場で接種訓練

新型コロナワクチンの大規模接種会場として5月31日から運用が始まる神戸市の会場では、27日、接種の流れを確認する訓練が行われました。

ハーバーランドに続いて神戸市が独自に設置する会場は、兵庫区にあるノエビアスタジアム神戸です。

運用開始4日前の27日、ワクチン接種を担当する医師や看護師と、楽天のスタッフなどおよそ250人が訓練に参加しました。

対象は65歳以上の神戸市民で、ファイザー社製のワクチンを使用。1日5000人の接種を目指しています。

健康状態や接種が可能かを判断する予診ではオンラインを使って東京など遠方の医師も加わる予定です。

インターネットや区役所窓口のお助け隊による予約受付は始まっていて、かかりつけ医や市内12カ所の接種会場での予約をキャンセルすれば会場を変更できます。

ノエビアスタジアム神戸では5月31日から接種が始まり、ほぼ毎日午前10時から午後7時まで行われます。JR兵庫駅と新長田駅からは、15分おきに無料のシャトルバスが運行します。

あわせて読みたい

広告

広告

広告

PAGE TOP