2021年05月24日(月曜日) 12:05 新型コロナ

大阪大規模接種センター開設 自衛隊が運営

自衛隊が東京と大阪で運営する65歳以上の高齢者向けの新型コロナウイルスワクチンの大規模接種センターが24日、開設しました。

大規模接種センターは8月までの3カ月間、土日祝日も含めて午前8時から午後8時まで稼働します。

大阪の会場では初日の24日、大阪市に住むおよそ2500人が予約していて、自衛隊の医師や看護師らおよそ260人がワクチン接種の対応にあたりました。

ワクチンは厚生労働省が承認したばかりのアメリカ・モデルナ製が使用されています。

大阪の会場では5月30日までに2万4500人の接種を見込んでいて、兵庫県民を対象とした予約の受け付けは5月31日に始まるということです。

あわせて読みたい

広告

広告

広告

PAGE TOP