2021年05月18日(火曜日) 14:29 地域・まち文化・スポーツ

【Bリーグ】西宮ストークス、ボンズら4選手が自由交渉リスト入り

  • 自由交渉選手となった5マット・ボンズ/(C)B.LEAGUE

  • 地区優勝した西宮ストークス/(C)B.LEAGUE

  • B2プレーオフ結果

■地区優勝に貢献

Bリーグ2部(B2)西宮ストークスは5月17日、マット・ボンズ、濵高康明、福田真生、岸田篤生の
4選手を同日付で「自由交渉選手リスト」へ公示したと発表した。

これにより、4選手は他チームとの契約が可能となる。

ボンズは今シーズン中盤に西宮に加入し、貪欲に得点を取りに行くアグレッシブなプレーでチームを牽引。
1試合平均19.5得点を挙げ、西宮のB2西地区優勝・プレーオフ進出の原動力となった。

■全選手がHPにコメント掲載

プレーオフで仙台89ERSに連敗し、B1復帰がならなかった西宮は、
公式ホームページに選手・スタッフのシーズン終了の挨拶を掲載している。

このうちキャプテンの谷直樹は、
「自分達の目標に届かず、とても悔しいです」
「最後に皆さんの前でプレー出来なかった事がとても寂しかったです」。

チーム生え抜きの道原紀晃は、
「西宮ストークスは素晴らしいクラブ、チームだと改めて思えた1シーズンでした。
そんな1年だったからこそ最後悔しい結果になり残念です」とコメントした。

このほか各選手は「全力を出し尽くした」、「ブースターの力で地区優勝できた」、
「コロナ禍のシーズンは過酷だった」などとシーズンを振り返っている。
(浮田信明)

あわせて読みたい

広告

広告

広告

PAGE TOP