2021年05月14日(金曜日) 18:12 事件・事故地域・まち

信楽高原鉄道の列車事故から30年 現場近くの慰霊碑前で追悼法要

滋賀県甲賀市で信楽高原鉄道とJR西日本の列車が衝突し、42人が死亡した事故から14日で30年を迎え、現場近くの慰霊碑前で追悼法要が営まれました。

滋賀県甲賀市で行われたことしの追悼法要は、新型コロナウイルスの影響で、去年に引き続き規模を縮小して執り行われ、信楽高原鉄道の正木仙治郎社長とJR西日本の長谷川一明社長ら関係者などが犠牲者追悼慰霊碑に手を合わせました。

30年前の5月14日、単線の線路を乗り合わせる信楽高原鉄道とJR西日本の列車が正面衝突し、42人が死亡し600人以上の乗客が重軽傷を負いました。

当時は鉄道事故の原因を究明する専門の調査機関はなく、遺族らは「鉄道安全推進会議」を設立し、事故の原因が信楽高原鉄道とJR西日本の不十分な信号確認や安全意識の欠如として鉄道会社の過失を認めさせました。

「鉄道安全推進会議」は2年前に解散していて、追悼法要には2001年の明石歩道橋事故で次男を亡くし、鉄道安全推進会議で役員を務めた下村誠治さんも出席しました。

あわせて読みたい

広告

広告

広告

PAGE TOP