2021年05月12日(水曜日) 07:04 地域・まち文化・スポーツ

【阪神】熊谷の激走で同点、福本豊氏「大仕事した」

  • サンテレビ ボックス席 (左から)橋本航介アナ、福本豊氏 / 5月11日 阪神甲子園球場

◾️阪神4-4中日

阪神は、先発・西勇輝が2本の2ランを打たれ、中日にリードされたが、梅野と糸原のタイムリーなどで追い付き、引き分けた。
 

◾️3人が盗塁成功

3-4で迎えた7回ニ死、阪神はヒットの原口に代わって代走・熊谷(仙台育英高-立教大-2018年入団  ドラフト3位)が1塁へ。
続く近本の初球にいきなり走り、2塁を陥れた(今季4個目の盗塁)。
 
福本氏は「いいスタート。なかなかできません」。
 
熊谷は、2番糸原のライト前ヒットで、2塁からホームへ激走。
 
ボールはバックホームされたが、タッチをかいくぐって生還し、阪神が4-4の同点に追い付いた。
 
福本氏は「いいスタート切ってますよ。当たりゴーだった。大仕事しましたね」と熊谷を讃えた。
 
9回には代走植田と中野も盗塁を決めた。
 

◾️試合中に練習せよ

期待されながら昨季まで壁に当たっていた中日・根尾の打席で、橋本アナが福本氏に問い掛けた。
 
橋本アナ「福本さんも入団時に(壁に当たったと)思われたのですか?」
 
「僕はそう思いましたね。とてつもない所に入ったなと…」
 
さらに福本氏は若手の心構えについて持論を語った。
 
「(若手は)試合の中で練習しなイカン」
 
橋本アナ「試合で練習する?試合でしか経験できないものがある?」
 
「あるんですね。
きょうはお客さん、入ってないけど、お客さんに見られてる中で集中してやって、上手くなっていくんですよ。
(自分は)いつも試合の中で練習せいと言っている」。
…………………………
 
次回のサンテレビボックス席は、
5月18日に甲子園から阪神-ヤクルト戦を中継する。
(浮田信明)

あわせて読みたい

広告

広告

広告

PAGE TOP