2021年05月11日(火曜日) 20:43 地域・まち文化・スポーツ

「ヴィッセル神戸でベストを」 イニエスタ選手が契約を延長

  • 天皇杯優勝時のアンドレス・イニエスタ選手

サッカーJ1のヴィッセル神戸は、元スぺイン代表のアンドレス・イニエスタ選手との契約を2023年シーズン終了まで延長すると発表しました。

東京都内で開かれた会見では、2021年シーズン終了までだったアンドレス・イニエスタ選手の契約期間を2023年シーズン終了まで延長することが発表されました。

会見に出席したイニエスタ選手は「神戸に来た3年前と同じ熱い思いで挑み続けたい」と契約を延長した理由について述べました。

イニエスタ選手は会見で「自分が信頼され大切にされていると感じてこられたことが延長を決めるうえで大事なキーポイントでした。ヴィッセル神戸のためにベストを出すモチベーションを感じ続けている」と話しました。

スペイン一部リーグの強豪バルセロナで数々の実績を残したイニエスタ選手は2018年にヴィッセル神戸に加入。 2019年からは主将を務め2020年の天皇杯全日本選手権で優勝しクラブに初タイトルをもたらしました。

あわせて読みたい

広告

広告

広告

PAGE TOP