2021年05月01日(土曜日) 21:39 地域・まち

2万匹の稚魚を放流 加東市の闘竜灘でアユ釣り解禁

兵庫県加東市を流れる闘竜灘で5月1日、全国で最も早くアユ釣りが解禁されました。

加古川中流にある闘竜灘では、近年、天然のアユが減ってしまったため、加古川漁業協同組合が毎年稚魚を放流していて、解禁日の1日はおよそ2万匹が勢いよく放流されました。

激しい水の流れが竜の躍動に似ていることからその名がつけられたとされる闘竜灘。

1日は、前日までの雨の影響で川の勢いがさらに増す中、釣り人たちが次々にアユを釣り上げていきました。

加古川漁協では、ことし12月までに合わせて30万匹の稚魚を放流するということです。

あわせて読みたい

広告

広告

広告

PAGE TOP