2021年04月14日(水曜日) 22:53 地域・まち新型コロナ

「まん延防止」の対象地域拡大へ 県内過去最多の507人

  • 兵庫県の井戸知事

新型コロナウイルスの感染が拡大する中、井戸知事は神戸・阪神間の4つの市を対象にしているまん延防止等重点措置の対象地域を拡大させる考えを示しました。

県内では4月14日、過去最多となる507人が新型コロナウイルスに感染したことが分かりました。

県内の直近1週間の1日あたりの平均感染者数は4月14日、322.6人と300人を超え、病床使用率は73.8%と医療崩壊目前の状態が続いています。
そんな中、井戸知事は現在まん延防止等重点措置が適用されている神戸市、尼崎市、西宮市、芦屋市の4市に隣接する伊丹市、宝塚市、明石市などでも感染者が急増しているとして対象地域に追加する方針を示しました。

4月15日の対策本部会議で協議されます。

あわせて読みたい

広告

広告

広告

PAGE TOP