2021年04月13日(火曜日) 12:11 地域・まち

片脚失ったコウノトリ 義足の試作品の装着テスト

豊岡市で、けがで脚を失ったコウノトリのために作った義足の装着テストが行われました。

豊岡市の県立コウノトリの郷公園で行われたのは、国の特別天然記念物、コウノトリの義足の装着テストです。

1歳の雌のこのコウノトリはことし1月、兵庫県稲美町で左脚の下半分を失い立てなくなった状態で住民に保護され、県立コウノトリの郷公園で獣医師がおもちゃのバットなどで義足を手作りしていました。

そんな中、このことをニュースで知った三田市の専門学校から国家資格を持つ教員が義足作りに協力すると申し出があり、今月6日、試作品の装着テストが行われました。

専門学校によりますと、大型の鳥類の義足作りは初めてだということですが、人間の義足作りの技術が応用できるのではないかということです。

あわせて読みたい

広告

広告

広告

PAGE TOP