2021年03月13日(土曜日) 16:36 地域・まち

JR西日本、関西私鉄きょうから終電繰り上げ

JR西日本と阪急、阪神など鉄道各社は3月13日から最終電車の繰り上げを伴うダイヤ改正を実施します。
兵庫県内発着の各駅でも終電が10分から30分程度早まり、注意が必要です。

JR西日本は、神戸線など近畿エリアの12の路線で3月13日から最終電車の発車時刻を最大で30分繰り上げます。
このうちJR三ノ宮発・大阪行きは、これまで午前0時35分が最終でしたが、25分繰り上がって、午前0時10分発に、一方、下りの最終・西明石行きは午前1時6分発が午前0時42分発に変更となり24分繰り上がります。

また、阪急と阪神でも大阪梅田駅などを出発する最終が最大で32分繰り上げられます。

今回の終電の繰り上げは新型コロナウイルスの影響で深夜の利用客の減少や夜間の保守作業時間の確保などが目的でこの時間帯の利用は今後、終電時間の確認など注意が必要です。

あわせて読みたい

広告

広告

広告

PAGE TOP