2021年03月12日(金曜日) 12:13 地域・まち

兵庫の公立高校 入試始まる
約2万2000人が試験に臨む

兵庫県内の公立高校で12日入学試験が行われ、2万2000人の受験生が志望校を目指し、試験に臨みました。

午前8時前、神戸市灘区の県立神戸高校にはマスク姿の受験生が次々と到着し、緊張した面持ちで試験会場へと向かいました。

神戸高校では、新型コロナウイルス対策として密を避けるため教室を増やし、1クラス当たりの生徒の人数を減らして試験を行っています。

兵庫県教育委員会によりますとことしの公立高校の入試は全日制では県内137校で実施され、去年と比べ1516人少ない2万2243人が志願しています。
また、平均倍率は去年より0.02ポイント低い1.04倍となっています。

公立高校の入試の合格発表3今月19日です。

あわせて読みたい

広告

広告

広告

PAGE TOP