2021年03月01日(月曜日) 16:19 文化・スポーツ

【Bリーグ】西宮ストークス、地区優勝へ“M16”点灯 連勝は「13」に

■西宮94-82熊本/2月27日 ■西宮95-92熊本/2月28日

男子プロバスケットボールBリーグ2部(B2)西地区首位の西宮ストークスは2月27、28の両日、同4位の熊本ヴォルターズとアウェイで対戦。
2試合とも終盤に反撃される苦しい展開だったが勝利し、連勝記録を「13」に伸ばした。

■まんべんなく攻撃/27日

27日の試合。西宮は13点リードして4Q(クォーター)に入ったが、熊本の猛反撃を受け、77-75と2点差に迫られた。
しかしそこから松崎、谷、ジョーンズが3点シュートを決めて突き放した。

ともに19得点したジョーンズとボンズをはじめ、谷、ムボジ、道原の5人が2ケタ得点を挙げた。
西宮はチームアシスト数「31」を記録し、連携プレーが光った。

■“幻”の同点シュート/28日

28日の試合。西宮は3点リードで4Qに入ったが、ジョーンズがこの試合2回目の「アンスポーツマンライクファウル」(故意や危険なファウル)を犯して退場。勢い付いた熊本に79-85と6点のリードを奪われた。

西宮はボンズの連続3点シュートなどで再逆転し、試合終了残り8秒で95-92と3点リード。
熊本のラベネルが終了ブザーと同時に放った3点シュートが入り、地元ファンは沸いたが、得点は認められず西宮が辛くも勝った。

両チームの選手がボールを奪い合って激しくぶつかり合うなど、気迫にあふれたプレーが続出した。

■次戦は加古川で開催

西宮は西地区首位をキープ。2位FE名古屋、3位佐賀とのゲーム差を拡げ、西地区優勝へのマジックナンバー「16」が点灯した。

次戦は3月6、7の両日、加古川市立総合体育館でホームゲームを行う。
相手は東地区2位の茨城ロボッツ。勝率.707と、西宮の.651を上回る強敵にどんな戦いを見せるか。
(浮田信明)

あわせて読みたい

広告

広告

広告

PAGE TOP