2021年02月28日(日曜日) 17:21 地域・まち

兵庫の緊急事態宣言解除 新型コロナ感染26人 死者なし(2月28日)

兵庫県などに出されている緊急事態宣言は2月28日までで前倒しで解除されます。

県内では2月28日、26人が新型コロナに感染したことが新たに確認されています。
兵庫県などに出されている緊急事態宣言は3月7日まで延長されていましたが、兵庫、大阪、京都の3知事がそろって解除を要請。
政府は関西3府県など合わせて6府県への宣言を28日までで解除します。

県内では2月28日、新たに26人の新型コロナ感染が明らかになっています。

1日当たりの感染者は、最も多かった1月9日には300人を超えていましたが、11日連続で50人を下回っています。
県内でこれまでに亡くなったのは530人で、感染者は1万7969人に上っています。

ソフトバンクの子会社「Agoop」が分析したスマートフォンの位置情報をもとにしたデータによりますと、2020年4月に緊急事態宣言が出された時に比べ、2月27日午後3時ごろのJR三ノ宮駅周辺の人出は、およそ57%増えています。

一方、兵庫県は飲食店への時短営業要請について、宣言が解除された3月1日から3月7日までは、現在より1時間緩和しますが、午後9時までの時短を求めています。

あわせて読みたい

広告

広告

広告

PAGE TOP