2021年02月15日(月曜日) 16:36 地域・まち

兵庫県内で27人が新型コロナ感染 3人死亡(2月15日)

兵庫県は15日、新たに27人の新型コロナウイルスへの感染と感染者3人の死亡を発表しました。 井戸知事は会見で、緊急事態宣言解除について触れ、「まだ見通せる状態ではない」と見解を示しました。

新たに感染が確認されたのは男女27人で、県内の感染者が30人を下回るのは去年11月9日以来およそ3カ月ぶりです。 直近1週間の新規感染者の1日平均は53.9人となり、これで国に緊急事態宣言の解除を求める基準案のひとつ、78.1人以下を6日連続で達成しています。 一方、もう1つの重症病床の使用率は58.6%で基準案の50%を依然上回っています。

この状況を受け、井戸知事は定例の会見で、解除の要請について「重症患者の入院が長期化し、病床のコントロールが難しい。現状では見通しが立たずもうしばらく様子を見たい」との考えを示しました。 そのうえで、新規感染者は減少しているとして、達成見込みがあると判断した場合は大阪や京都と足並みを揃えて対応するとしました。これまで県内で感染が確認されたのは1万7541人、死亡した人は483人となりました。

あわせて読みたい

広告

広告

広告

PAGE TOP