2021年02月11日(木曜日) 12:17 地域・まち

淡路島でコウノトリが巣作り
兵庫県内では但馬地域以外で初めて

国の特別天然記念物のコウノトリ2羽が淡路島に飛来し電柱の上で巣作りをしている様子が確認されました。

寄り添う2羽のコウノトリ。 こちらは1月19日に洲本市のため池で撮影した映像です。 県立コウノトリの郷公園によりますと1羽は2017年に豊岡市で生まれた雌でもう1羽は2018年に同じく豊岡市で生まれた雄だということです。 ところが。 その後、淡路市で同じペアの姿が確認されたのです。 民家の敷地内にある電柱で巣作りを始めていました。

コウノトリの郷公園によりますと兵庫県内では、但馬地域以外で巣作りの様子が確認されたのは初めてだということで、繁殖が期待できるとあって静かに見守ってほしいとしています。

あわせて読みたい

広告

広告

広告

PAGE TOP