2021年01月15日(金曜日) 12:10 地域・まち

豊作を願い御粥占祭
淡路市の伊弉諾神宮

ことし1年の農作物の出来をおかゆで占う伝統神事、「御粥占祭」が淡路市の伊弉諾神宮で行われました。

この「御粥占祭」は、淡路市の伊弉諾神宮で平安時代から続くとされる伝統的な神事です。 ことし1年の五穀豊穣を祈願して行われるもので、午前2時から2時間おきに竹筒にお米を入れて炊き、竹筒から流れ出るおかゆの状態を見て豊作か凶作かを占います。

午前8時すぎに境内で中身を確認。 3本の竹筒はそれぞれ収穫時期の違う品種を示していて、占いの結果は見た人がそれぞれ判断するということです。

集まった地元の人たちはおかゆの状態を熱心に確認するとともに、ことしの豊作を願っていました。

あわせて読みたい

広告

広告

広告

PAGE TOP