2021年01月14日(木曜日) 16:33 地域・まち

見て楽しい!食べておいしい
 野菜ブーケが大人気

  

朝田:今日は自然豊かな姫路市の夢前町から、美味し くて見た目も美しいものをご紹介します!

朝田:こちらは農業を始めて10年目になるご夫婦の畑なんですが、こちらで育てている野菜 がとっても大人気ということなんです。ですが大人気で年末にほとんど出荷されてしまったそうなんです。
ファーマーズヤードの鈴木彩さんですこんにちは。
鈴木彩さん:こんにちは。

朝田:野菜どれぐらいは残ってるんですか?
彩さん:そうですね、今は15種類ぐらいあります。

朝田:年間ではどれぐらい育てていらっしゃるですか?
彩さん:年間では400品種栽培しています。

朝田:400品種、そんなに野菜あるんですね。ちなみにこれどういった種類の野菜があるんで すか? 
彩さん:こちらからレタスのロロロッサ、カブのあやめ雪、赤軸ソレルになります。

朝田:聞いたことないです。おしゃれな野菜がたくさんあるんですね。ファーマーズヤード の野菜には特徴がありまして、ひとつは農薬や化学肥料を使わずに栽培していること、そし てもう一つが、、、

彩さん:普通はあの野菜を大きく育てると思うんですけれどもうちは逆に小さく仕立てて栽 培しています。

朝田:そうなんです。あえて小さく育てているということでとっても小さくて可愛らしいで すよね。

朝田:生のままでもはい食べられるんですか? 
彩さん:はい、食べられます。
朝田:一つ味見させてもらっていいですか? 
彩さん:はいどうぞ、紫の葉ダイコンになります。
朝田:いただきます。みずみずしくて、少し辛いんですけど甘味がほんのりあって美味しい です。味もバッチリいいですね。

彩さん:ありがとうございます。

朝田:なぜこちらの野菜は小さいのですか?
彩さん:うちの農園では野菜でアレンジメントとかブーケを作っているんですけれどもその ブーケに入るように小さく野菜を栽培しています。 

朝田:この後、可愛らしい野菜を使ったアレンジに挑戦します!
                            
朝田:こちらビニールハウスの中に移動してきました。
見てください。こちらカブが栽培されているんです。一つ収穫させていただきましょう。こちらもミニサイズでかわいいですよね。

朝田:では改めてご紹介します。
姫路市夢前町で無農薬有機栽培で野菜を作っているファーマーズヤードの鈴木広史さんと彩 さんご夫妻です。よろしくお願いします。

広史さん:年末はかなり忙しかったんじゃないですか?
広史さん:そうですね、宅配用のダンボールが壁一面になって全国45都道府県にお届けさせ てきました。

朝田:本当に大人気なんですよね。
この鈴木さん達が作る野菜はあえて小さく作っているということで。
その理由がこちらです。野菜ブーケを作るためということでお花じゃないんですよ、素敵で すよね。これどれぐらい作られたんですか?
彩さん:先月過去最高のご注文で120件お送りしました。

朝田:過去最高、素敵ですよね。スタジオのかみじょうさんいかがですか?
かみじょう:これ食べられるんでしょ?
朝田:そうなんです。
かみじょう:いいですよね。なんぼでもブーケトスされたいぐらいやわ。

朝田:実は広史さんは農業を始める前に花屋でフラワーアレンジメントをしていてその経験を生かしてこういった野菜ブーケができたんですよ。野菜ブーケの魅力はどんなところにありますか?
広史さん:見せる野菜というテーマでまず見ていただいて、そこから食べて美味しいという2 度美味しい商品になっております。

朝田:2度楽しめるということでこの野菜ブーケ、今日は作る体験レッスンができるというこ とで私もチャレンジしてみたいと思います。
こちらに野菜が、材料揃っているんですが、時間の関係でベースになるアレンジは既 に用意していただきまして、あと私はこの真ん中の部分を仕上げるだけです。

かみじょう:もう出来てるやん。

朝田:どんな野菜があるんですか?
広史さん:はいこちらエシャロットですね。茎ブロッコリーにビタミン大根になります。ど れもちっちゃい野菜になってます。
朝田:かわいらしいですよね。これ全部仕上げるとなると、体験レッスンの時間はどれくら いですか?
広史さん:大体1時間ぐらいになります。
   
朝田:私は中継中に完成したいと思います。ではちょっとまずはこのアヤメユキカブから可 愛らしいので付けていきたいと思います。
この一つ目大事ですよね。どこに入れるか、1本目、行きますね。ここに刺していくという感 じで。
これを中心にちょっと色々アレンジしていきたいと思いますよ。
これいろんな野菜その収穫する時期によっていろいろこのアレンジメントがガラリと変わる ということで写真がありますのでこちら説明、広史さんお願いします。
              
広史さん:季節の野菜を使っておりますので、年間通していろんな野菜でこういうブーケを 作らせていただいております。
                     
朝田:こちらが夏のブーケなんですね。             
広史さん:プッチーニというミニかぼちゃを作ってるんですけれどもそれもさらに小さくな っております。
こちらはいろいろ季節によって変わるということで。これは母の日用なのでちょっと麦をあしらったりして可愛らし作っております。
 
朝田:色々あるんですが、またブーケタイプとは違った形のものもあるんですよね。  
広史さん:そうですね。あのボックスタイプということでちっちゃいこれくらいのボックス にした野菜を詰め込んだような形。小さい野菜じゃないとこのボックスは作れないので、こ ういった野菜を詰め込んで全国に宅配で送らせていただいてます。   
  
朝田:こんなので送られてくると絶対にうれしいですよね。
彩さん:すごくあの皆さんご好評いただいていてこんなの見たことない可愛いって言ってい ただいてます。     
朝田:私もこっちに色々刺してきているんですけどどうでしょう?

夫妻:少しずつできているんですけど。もうそのまま行きましょう。真っすぐ刺しているん ですけど、カーブとかがあるほうがいいですね。
こういう丸いところとか横に刺したりしてください。

朝田:他にも野菜のアレンジ商品があるということで、そちらを見てお待ちください。
広史さん:こちらはウエディングの会場の写真になるんですけれども、お客様が新郎新婦を ほったらかしてこの野菜に夢中になったりとか、最後に帰られるとき野菜を持って帰っていただいたんですけど、取り合いになるような賑やかな色になりました 。野菜の方が人気になってしまったんですね。
こちらは髪飾りなんですけど、こちらも野菜で作らせていただきました。        
     
朝田:だんだん出来てきました。最後にエンドウ豆の弦を張って完成です。この赤を入れて お正月っぽく仕上げてみました。 
         
広史さん:素晴らしいと思います。    
        
朝田:こちらの野菜ブーケには野菜ソムリエの彩さんによるレシピが書かれた野菜カルテが添えられるんですね。こちらどういったものなんですか?
彩さん:アレンジに使った野菜の名前と簡単な調理法が記載されています。

朝田:定番の調理法とかありますか?
彩さん:そうですね温野菜かグリルがおすすめで、シンプルにオリーブオイルと塩でお召し 上がりいただく感じになってます。

朝田:私もね、これ見てその後、食べても楽しみたいと思います。
ありがとうございます。
今年でファーマーズヤードは10周年を迎えるんですが、実は姫路市夢前町から3月に神戸市北区に移転するということで年末で野菜も完売してしまい ました。
一旦は移転の作業に集中するということです。広史さん、新天地への期待はいかがですか?

広史さん:姫路市で10年やらせいただいて本当に感謝しております。でこれから神戸市北区大沢町では野菜を見せる、アートとして見せるやり方を確立していき たいなと思っております。

朝田:新しい挑戦、これからも頑張ってください。
今日は姫路市夢前町からファーマーズヤードの野菜ブーケをご紹介しました。

あわせて読みたい

広告

広告

広告

PAGE TOP