2020年12月14日(月曜日) 15:19 地域・まち

自衛隊が看護師派遣
医療体制ひっ迫の大阪府へ

大阪府で医療体制がひっ迫していることを受け、陸上自衛隊は14日、大阪府に看護師など7人を派遣しました。

大阪府の吉村知事による災害派遣要請を受けて派遣されたのは自衛隊の看護師など7人です。

防衛省によりますと、派遣された隊員はあすから運用が始まる重症者用のプレハブ臨時施設「大阪コロナ重症センター」と、「府立中河内救命救急センター」で診療の補助や入院患者の看護などに当たるということです。

7人は現地で病院の機器を使って訓練し、あすから今月28日まで医療支援を行うということです。

感染拡大に対応した自衛隊看護師の派遣は北海道の旭川市でも行われています。

あわせて読みたい

広告

広告

広告

PAGE TOP