2020年11月27日(金曜日) 19:12 地域・まち

染物体験ができるカフェ
丹波篠山の「キキュウ」

木内アナ:丹波篠山市・篠山城跡の近くに今年オープンしたお店。
     カフェなのですが、ある体験ができるんです。

篠山城跡の城下町ということで、古い街並みが残るこの通りすごく雰囲気がいいんですよね。今日お邪魔するのがこちらのカフェなんです。

こんにちは~!いや~落ち着いた町屋の雰囲気ですね。
伝統的建造物が立ち並ぶ通りに今年オープンしたカフェ、「キキュウ」。

ここで楽しめるのが・・・

貴村さん:チーズケーキとダージリンティーになります
木内:かわいらしい器に、チーズケーキがのっていまして、ダージリンティーの良い香りがしてきますね!リンゴのコンポートを添えたチーズケーキとダージリンティーを頂きました。

木内:チーズのやさしい甘さとリンゴのちょっと甘酸っぱい感じがぴったり合っていますね。
ケーキのおともにダージリンティー。良い香りですね。少し苦みがあるんですけど、チーズケーキとぴったり合いますね。

木内:ここである体験ができると聞いてきたんですけども
貴村:染めの体験をしていただくことができます。
木内:染め?染物ですか?
貴村:そうです。

こちらのお店は、染物ができるカフェなんです。
「染めのある生活」をコンセプトに、多くの人に染めものを体験してもらいたいとオープンしました。私も、人生で初めて、染物体験をさせて頂きました!

今回使う道具はこちら。
このような木でできた型を使って染めていきます。

木内:ではよろしくお願いします!
貴村:まず手ぬぐいの折り方から。織り方がありましてこれを三つに。

木内:まずこの合わすところですね。ここが難しいんですよね。
3つ折りにした布を正三角形になるように端から折っていきます。
きれいな正三角形が折れたら、次は木の型を使います。

貴村:こういう感じで挟みます。この3つが均等になる感じで挟んでいただきます。
木内:この3つの面積が同じようになるように合わせます。上から型をしっかり固定したら、このまま水の中に入れてしっかり湿らせます。これが結構大事な作業なんです。

貴村:この乾いた状態で染料が入っていくと急激に入っていってしまうんでムラになりやすいんです。いっぺん湿らせといて濡れた状態ですと、ゆっくり。

木内:じわ~っと色を入れる…ここまできたら、あとは好きな染料を選んで色付けしていくだけ!
今回は赤や青、黄色などの6種類の中から3種類選びます。
黄色とブルーと、赤にしましょうか。・・・この落ちついた色もいいかも
うーん、なんか迷うなぁ・・・
たくさん悩んだ結果、こちらの黄色、薄い紫色、青色を選びました。
布の間など、細かいところも忘れず塗っていきます。今回使っているこの染料は、土から作られた、環境に優しいものなのだそうです。

木内:やっぱり黄色といえばタイガースですからね!外せない色ですよ。
土からこんな色が出るとは本当に不思議ですよね。
ということで色付けが完成しまして、あとこれ外すだけということなんですけど、いや~どんな模様になるんですかね。
初めての染物体験。果たして出来栄えは・・・

木内:オープン!お~~~!すごい!うわ~めっちゃきれいですね。
この色の組み合わせのセンス!これ!これ良くないですか!

貴村:それぞれやっぱり個性がでます。

木内:あまりにうれしくて、自画自賛してしまいました…。

また、お店では およそ1時間でできる染め体験のほか、家にある、染め直したいものの持ち込みもOK。「時間制」で道具を借りて、個人で自由に染めることもできます。

木内:これからどんなお店に?
貴村:皆さんにいろいろ知ってもらって、「染のある生活」ということで皆様に身近に染めをしていただけるようなお店にしたいです。

あわせて読みたい

広告

広告

広告

PAGE TOP