2020年11月21日(土曜日) 19:22 地域・まち

聴覚障害者を支援
 神戸市長田区に新施設開所

聴覚障害者の生活を支援する施設が神戸市内に完成し11月21日開所式が行われました。

兵庫県神戸市長田区に完成したのは聴覚障害者複合施設の「神戸長田ふくろうの杜」で、11月21日は関係者などおよそ40人が集まり、開所を祝いました。
この施設は、聴覚障害のある人が社会から孤立するのを防ごうと造られたもので、手話通訳や要約筆記ができる職員が利用者の就労支援などを行います。

また、前身となる施設で行ってきた高齢者向けのデイサービス事業を引き継ぐほか、新たに地域の子どもたちに向けて、放課後等デイサービスも始めるということです。

神戸長田ふくろうの杜はすでに一部の事業を始めていますが、本格的な運用は12月からのスタートを目指しています。

あわせて読みたい

広告

広告

広告

PAGE TOP