2020年11月12日(木曜日) 17:30 地域・まち

高速道路の応急復旧訓練 南海トラフ地震を想定

大規模災害が発生し高速道路の通行ができなくなることを想定した訓練が兵庫県神戸市北区で実施されました。

大規模災害の発生時、高速道路をはじめとした社会インフラは早期の復旧が求められます。 訓練は南海トラフ地震が発生したという想定で、NEXCO西日本グループの社員らおよそ550人が参加し行われました。

地震によってできた大きな段差にはアルミ製の専用機材を使い車両の通行を確保します。 また道路上で倒壊し通行の妨げになっているポールの切断や、コロナ禍での衛生面に配慮した炊き出しなど様々な状況に合わせた訓練が実施されました。

NEXCO西日本は訓練の成果を生かし災害時の迅速な対応に努めたいとしています。

LINE

あわせて読みたい

広告

広告

広告

PAGE TOP