2020年11月11日(水曜日) 15:12 事件・事故

尼崎・発砲事件 2人目の暴力団組員逮捕

11月3日、尼崎市の路上で神戸山口組系の組長ら2人が撃たれ、対立する山口組系の組員の男が逮捕された事件で、警察は現場から逃げたもう1人とみられる男を殺人未遂の疑いで逮捕しました。

殺人未遂の疑いで逮捕されたのは、特定抗争指定暴力団山口組三代目司興業組員の男(54)です。11日午前11時ごろ、尼崎南警察署に自ら出頭しました。

警察によりますと、男は今月3日、尼崎市稲葉元町の路上で、特定抗争指定暴力団神戸山口組三代目古川組の組長(64)の両脚を拳銃のようなもので撃ち、重傷を負わせた疑いが持たれています。

事件をめぐっては、男と同じ三代目司興業幹部の男(52)も殺人未遂の疑いですでに逮捕されていて、2人は事件の直後、現場から走り去ったとみられています。 また、事件で使用されたとみられる拳銃1丁が神戸市長田区の川から見つかっていて、警察が鑑定を進めています。 警察は男の認否を明らかにしていません。

あわせて読みたい

広告

広告

広告

PAGE TOP