2020年08月18日(火曜日) 15:18 地域・まち

高校生が県庁でインターンシップ

高校生が公務員の仕事を体験するインターンシップが18日から兵庫県庁で始まりました。

このインターンシップは高校生に自分の将来や生き方について考えてもらい、目標を持って進路を選択できるようになってもらおうと兵庫県が実施しているもので県内41の高校から51人が参加しました。

18日、県庁で行われた開会式では西上三鶴教育長が配置通知書を手渡し、生徒の代表が「地域に貢献できるよう頑張りたい」と述べました。

参加者は県庁や図書館などに配属され文書整理やホームページの更新など実際の職業を体験します。 2020年は新型コロナウイルス対策として期間が3日間に短縮されていて、生徒たちは20日まで職業体験を行う予定です。

LINE

あわせて読みたい

広告

広告

広告

PAGE TOP