2020年06月27日(土曜日) 21:42 地域・まち

コウノトリの餌やり体験

  • 静かにケージの中へ

兵庫県豊岡市にある県立コウノトリの郷公園では、子どもたちによるコウノトリの餌やり体験が行われました。

この取り組みは、国の特別天然記念物・コウノトリの野生復帰事業への関心を高めてもらおうというもので、6月27日は小学生や保護者16人が参加しました。

非公開エリアの飼育管理棟で説明を受けた参加者たちは、まず餌作りに挑戦。

栄養管理のためにアジにビタミン剤を仕込みます。

その後はケージの中に入り、コウノトリを刺激しないように静かに餌やりを体験しました。

日本では絶滅した後に人工飼育によって放鳥が始まったコウノトリは、25日に野外で200羽を超えたことが分かっています。

あわせて読みたい

広告

広告

広告

PAGE TOP