2020年05月13日(水曜日) 12:29 地域・まち

伊丹市が手話通訳者用のマスクを開発 口元が見えるよう一部を透明に

新型コロナウイルスの感染が拡大するなか、伊丹市では手話通訳が可能となるよう口元の部分が透明なマスクを作りました。 

「透明マスク」は伊丹市の障害福祉課と聴力障害者協会のメンバーが協力して開発しました。 口元が見えるよう布製のマスクの一部分を透明のカバーで覆っています。

障害福祉課によりますと、聴覚障害者は手話に加え口の動きや表情から情報を受け取るため、通常のマスクを使うとコミュニケーションをとるのが難しいのが現状です。

聴覚障害者を支援する手話通訳者も通常マスクを着用しませんが、依頼を受け、病院などに同行する際の感染予防に必要と考え、作製を思い立ったということです。

伊丹市では聴覚障害者など必要としている人たちが自分で作れるよう市のホームページで作り方を公開しています。

あわせて読みたい

広告

広告

広告

PAGE TOP