2020年04月20日(月曜日) 15:18 地域・まち

神戸市環境局で集団感染か 職員新たに2人が新型コロナ感染

神戸市は先ほど会見を開き、環境局須磨事業所で新型コロナウイルスの集団感染が発生し、ごみの収集を担当する職員2人が新たに感染したと明らかにしました。

新たに新型コロナウイルスに感染したのは、いずれも神戸市環境局須磨事業所でごみの収集を担当している50代の男性職員2人です。 これで環境局須磨事業所の感染者は、あわせて7人となりました。

須磨事業所については、20日の収集作業を終了後当面の間閉鎖し、ほかの職員55人すべてを濃厚接触者ととらえ、自宅待機にするということです。

須磨区内のごみ収集については、ほかの事業所などから職員を補充し、時間が変動する可能性があるものの通常通り実施するとしています。 このほか、犬や猫の死体の引き取りについては、調整中としています。

神戸市は、陽性者の人数などから事業所内で「クラスター」が発生しているとみています。

あわせて読みたい

広告

広告

広告

PAGE TOP