2020年04月16日(木曜日) 17:23 地域・まち

明石市がコロナ対策の補正予算案 個人事業者やひとり親世帯への支援

明石市は新型コロナウイルスの対策として個人事業者への無利子での貸し付けやひとり親世帯への手当の増額などを盛り込んだ補正予算案を発表しました。

明石市の泉房穂市長は16日、新型コロナウイルス対策の緊急支援を盛り込んだ補正予算案を発表しました。

予算案では売り上げが減少した市内の個人事業者などに対し、2カ月分の賃料として運営する店舗が1カ所の場合は最大50万円、2カ所以上の場合は最大100万円を無利子・無担保で貸し付ける施策におよそ2億円を計上。 返済猶予期間は1年間でその後最大3年かけて返済する仕組みだということです。

また、ひとり親家庭に対して給付する児童扶養手当について、5月支給分に1世帯あたり5万円を上乗せする案も発表されました。

総額6億円規模の補正予算案は17日からの臨時市議会で審議され、貸し付けについては可決されれば4月21日から申し込みを受け付けるということです。

あわせて読みたい

広告

広告

広告

PAGE TOP