2020年03月11日(水曜日) 12:15 地域・まち

県内で「クラスター」発生か 姫路・仁恵病院で新たに患者が感染

姫路市は11日朝、仁恵病院に入院する70代の男性が新型コロナウイルスに感染したと発表しました。 県内でも「クラスター」という感染者の集団ができた可能性があります。

姫路市によりますと70代の男性は複数の感染が確認されている姫路市の仁恵病院に入院していました。男性は発熱していて倦怠感の症状があるということです。

仁恵病院では3月8日に、勤務する50代の女性看護師の感染が確認されて以降、60代の男性患者と同僚の40代の女性看護師など合わせて4人の感染が確認されていて、院内感染の可能性が高いとみられています。

このほか、3月7日に感染が確認された伊丹市の80代女性が利用していたリハビリ施設、グリーンアルス伊丹でも80代と70代の男性利用者や40代と50代の男性介護士など合わせて5人が感染していて集団感染が疑われています。

あわせて読みたい

広告

広告

広告

PAGE TOP