2019年12月04日(水曜日) 22:08 地域・まち

ひと足早く「神戸ルミナリエ」 障害者ら招待

  • 高さ21メートルのドーム型イルミネーションが新設

「神戸ルミナリエ」開催を6日に控え、障害者らに安心して鑑賞してもらうための「ハートフルデー」が行われました。

障害がある人や高齢者に混雑を避けて楽しんでもらおうと、ルミナリエの開始前に行われている「ハートフルデー」は、1999年から始まり2019年で21回目。

4日は東遊園地の作品が点灯され、招待されたおよそ1万5千人がひと足早い冬の光の祭典を楽しみました。

25回目を迎える2019年のルミナリエは、東遊園地に高さ21メートルのドーム型の作品が設けられるほか、「1・17希望の灯り」が初めてイルミネーションのアーチで飾られます。

6日から始まる「神戸ルミナリエ」は、12月15日までとなっています。

あわせて読みたい

広告

広告

広告

PAGE TOP