2019年11月26日(火曜日) 12:13 地域・まち

但馬の郵便局でオリジナル切手販売 辰鼓楼とコウノトリをデザイン

豊岡市などの郵便局で出石町のシンボル「辰鼓楼」とコウノトリがデザインされたオリジナルフレーム切手が販売されることになりました。

このフレーム切手、「但馬國『出石』辰鼓楼とコウノトリ」は63円と84円の切手それぞれ5枚ずつが1シートになっていて、値段は1300円です。

デザインは1枚ずつすべて異なり、辰鼓楼の建設直後や改修工事が終了した現在の写真6枚。そして、大空を舞うコウノトリの写真4枚で構成されています。

使用されている写真は、豊岡市役所やアマチュア写真家などが提供したもので、11月18日には、提供者に完成した切手の見本が贈呈されました。

この切手は、1000シートが用意され、28日から豊岡市や朝来市など但馬地域にある郵便局で販売されます。

あわせて読みたい

広告

広告

広告

PAGE TOP