2019年05月20日(月曜日) 12:15 地域・まち

春の褒章受章者 オール阪神・巨人さんら受章

「令和」で初めてとなることし春の褒章受章者が発表され、漫才コンビ「オール阪神・巨人」の2人も選ばれました。

学問や芸術分野の業績をたたえる紫綬褒章には、新国立競技場の設計などで知られる建築家の隈研吾さん(64)や、歌手の石川さゆりさん(61)のほか、漫才コンビ「オール阪神・巨人」で活動する南出繁さん(67)と高田昭徳さん(62)が選ばれました。

「オール阪神・巨人」の2人は上方漫才大賞に4回も輝くなど第一線を走り続け、畳み掛けるような掛け合いで爆笑を巻き起こす「しゃべくり漫才」一筋。 観客が足を運び、お金を払って見る劇場での芸を何よりも大事にしてきました。

今回の褒章受章者は670人と19の団体で、このうち、女性は195人となっています。

あわせて読みたい

広告

広告

広告

PAGE TOP