2019年01月10日(木曜日) 22:30 地域・まち

六甲山に新たな光 「1.17」の文字

阪神淡路大震災から24年目を迎えるのを前に、10日から神戸市の六甲山で「1.17」の文字に光がともされました。

六甲山で光る「KOBE」の文字。
その下に震災が起きた日の「1.17」と光る電飾が新たに加わりました。

この取り組みは震災の記憶を風化させないためことし初めて行われたもので、設置された文字には電球42個が使われています。

神戸市は東遊園地で「震災24年追悼の集い」が営まれる今月17日まで、「1.17」の点灯を行うとしています。

あわせて読みたい

広告

広告

広告

PAGE TOP