2019年01月06日(日曜日) 17:30 地域・まち

阪神淡路大震災の鎮魂がテーマ 仁川学院でニューイヤーコンサート

今月17日で阪神淡路大震災から丸24年となるのを前に、兵庫県西宮市の仁川学院では、鎮魂をテーマにコンサートが開かれました。 

仁川学院では阪神淡路大震災で当時小学2年生の女子児童を亡くしたことから、平和への願いを込めて、毎年この時期にコンサートを開いています。 ことしは卒業生で能楽の太鼓奏者を務める大倉正之助さんが、鎮魂の思いを込めて能における楽器の演奏・能囃子を披露しました。 

訪れた人たちは、日本を代表する能楽師が奏でる荘厳な響きに聞き入っていました。

あわせて読みたい

広告

広告

広告

PAGE TOP