暮らし

加熱式たばこ「glo」と「Ploom」 リサイクルの取り組みが全国へ

昨今の加熱式たばこ市場の成長に伴い、本体やバッテリーなどのリサイクルに対して関心が高まっています。

 

一般社団法人日本たばこ協会、ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパン合同会社、日本たばこ産業株式会社(以下、JT)は、2020年2月から使用済み加熱式たばこ機器等のリサイクル事業を自主的な取り組みとして取り組んでいましたが、今月1日よりその取り組みエリアを全国に拡大しました。

 

回収対象となるアイテムは、「glo(カプセル・カートリッジ・本体[バッテリー])」と「Ploom(本体[バッテリー])」で、「IQOS」は対象外とのことです。回収店舗は、リサイクルマークステッカーを掲示している全国のたばこ販売店等約1,200店で、緑色が特徴の回収ボックスが設置されています。

 

リサイクルボックスに入れられた加熱式たばこ機器は、日本たばこ協会によりリサイクルされるとのことです。

廃棄方法に困っている加熱式たばこ利用者にとっては、リサイクルの取り組みは今後注目といえるでしょう。

回収店舗の詳細は、日本たばこ協会Webサイト、glo公式Webサイト、Ploomブランドサイトで確認可能です。

あわせて読みたい

広告

広告

広告

PAGE TOP