サンテレビの仲間たち

藤本 拓

2014年入社
技術部 制作技術・音声
藤本 拓

入社を決めた理由は?

「作る」ではなく「創る」仕事がしたかったことが大きな理由でしょうか。
その中でも他の人と協力する要素が大きいと思ったこともこの仕事を選んだポイントです。

いまの具体的な仕事内容は?

中継番組やスタジオ番組の音声を担当しています。数多くある機器から適切なものを選び出し、どのマイクをどこに置いて、どのような音を取るのかを考え、最終的に混ぜ合わせて(ミキシングして)音を作り出すのが主な仕事です。

入社して一番大変だったことは?

家庭用のビデオカメラやスマートフォンで撮影する場合とは違い、通常テレビカメラで撮影した映像に音は付いていません。
見て違和感のない音になるよう心がけていますが、普段意識されることの少ない部分なので、良かったかどうかの判断が難しいことが大変なところだと思います。
反対に失敗したときは気付きやすいので、多方面から指摘されることも…。

自分の会社を一言で表すならば?

良い意味でのオタク集団。社員それぞれがこだわりや他の人に負けない強みを持っているので、それらが組み合わさることで1人ではできないことができるようになったり、新しいアイデアが生まれたりします。

一緒に働きたいと感じる人は?

様々なことに自分から興味を持って取り組める人。放送局の仕事はそれぞれ専門的ですが、自分の仕事だけではなく、周りの仕事をどれだけ知っているかもとても重要です。


←採用のページへ戻る