雨のシーズン最終戦

〈10/4 ヤクルト 5x-4 阪神(神宮)〉

勝:田口
敗:岩崎

サヨナラ負けしてなんとなく気が乗らなくて、[今日のノイジー]に先行ってからこっちきました れーこです。

他球団の順位争いの兼ね合い、中止試合の振替による日程の関係などでよみがえってきた大竹の最高勝率チャンス。対象の相手だったDeNA東が負けて、大竹も勝利投手の権利を持っていて…ぅぅぅ…
いや、もうこれは東がやっぱりすごかったということだ。
大竹来年獲る。絶対。(宇宙人みたいな声で)

二度も中断になるほどの大雨の中、9回裏までやって、けが人が出なくてよかったとまずはほっとしてる。

143試合目、シーズン最終戦。

大山とテルの二者連続ホームランには、ゾクゾクしたし、中野の最多安打とフルイニング出場もかかってる。最後の最後まで楽しませてもらった。

当の中野は今日はノーヒットに終わったが、並んでいた牧もそのまま。
164安打。2人並んでフィニッシュとなった。
中野と牧!タイトル獲得おめでとう!
あと1本差だった岡林も並んでてほしかったな。(9月24日のバント、やっぱり恨めしい。)

阪神タイガースの2023年の戦績は
85勝53敗5分。
2位カープに11.5ゲーム差をつけての優勝だった。

そしてまださらなる高みを目指して戦いは続く。

一方で、10月に入り辛い知らせも。

二保、渡邉雄大、小林、高山、山本、板山、北條、望月の8選手がタイガースを去ることになった。

みんなタテジマのユニフォームで輝いた選手たち。思い入れもある。
優勝の輪の中に彼らの姿がなかったのだけが心残り。
どこかで野球、続けてほしい。応援してる。

[今日のノイジー]

ここは私の心の拠り所。
日記を書き出すまでに謎にパソコンの前で1時間もかかってしまうような日には、とりあえずノイジーから書いてみる。
今日もそうなった。

4回裏のファウルゾーンからの本塁封殺のプレーは、ザ・ノイジーだった。
ホームで待つ坂本のミットへ最短コースの一直線。素晴らしいアウト!
レフトスタンドからシェルドンコールを浴びせるファンに、クールな表情のままグラブを振って応えた。
かっ、かっけーーー!!
さぁ行こう!

This entry was posted in コラム. Bookmark the permalink.