才木白星で巨人戦スイープ!

〈8/21 巨人 1-6 阪神(東京ドーム)〉

勝:才木
敗:シューメーカー

こう言っちゃなんですけど、巨人、だいぶ弱ってんな…
不振の岡本にはようやくホームラン1本出たけれど、坂本も打てる気配ないし、シューメーカーも先発で投げてるけどここ6試合はまともにイニング消化できず降板してるし、でもだからといって他にいないんだろうな。

………もっと巨人とやりたいな(素直)

さて。タイガース打線は活発。
先発野手全員安打、かつ毎回安打とは!
全部で16安打ともなると、誰がどうってもう…大山やな!(即決)

5回までに3打席でヒットを放ち猛打賞、なのに6回の一死満塁でダブルプレーとはおいおい!…からの8回、また一死満塁のチャンスが大山に回ってきて、2点タイムリー。
実に大きいダメ押しだったわけだけど、満塁のチャンスというシチュエーションを作ってる打線こそまた良いのだ。

中野と島田の1,2番コンビは、なんでこんなに最高なのか。
ここに3番近本が帰ってくるって、それは合法なのかい。(嬉しい)

外のボールに手を伸ばして流し打ちをすることを覚えたロハス32歳の夏。
そんなロハスの後ろで4番を打つサトテルは5試合連続打点。ありがとう。

先発才木は、二打席連続で3バント成功。
藤浪から「ハッパをかけられていた」と言い、さらに「次は藤浪さんにハッパをかけられるように」とやんちゃ顔で笑った才木の屈託ない様子がたまらん。
7回先頭の岡本に一発を浴びたときは、「あちゃー」って表情を見せ、このあと一つアウトをとって左バッターのところで岩貞にマウンドを譲ったときの「パイセンすみません!」みたいなのがカッコつけず全部丸見えなのもイイ(笑)

最近機会がなかった湯浅、岩崎が調整登板できたのがまた良かった。
2人ともそろって打者3人に9球だけ投げてピシャリ。
それもこれもやっぱり、点をとったからなのだよな。シミジミ、、、

代走から出場の江越は2盗塁!

明日休みなのがもったいないと感じるほど気持ちいい日曜日の夜。
あーうなぎ食べたい(笑)

This entry was posted in コラム. Bookmark the permalink.