『なんかいい感じ』で遥人快投!

〈10/5 阪神 6-1 巨人(甲子園)〉

勝:高橋
敗:桜井

やったぞ巨人戦5割!(このカード)

桜井のピッチングを、巨人投手コーチの宮本は、「今年一番と言っていいぐらいの出来」と絶賛。
しかし終わってみれば、その評価もあの「1本」でガラリと変わった。

岡本の24号に並ぶ、大山の2ランホームラン!
ゆったりした構えからトップスピードで出てくるバット。打った瞬間いったと思わせるすごいスイングだった。
2ボールからの大きなアーチ。
23号のときと同じように岡本の前をしっかりした足取りで走って通り過ぎる。

先の桜井の評価が変わったのは、このホームランだ。
他の誰かに打たれたとしても、大山にだけは打たれてはならなかった。
そして一方、岡本だけには打たせなかった、遥人のピッチングの勝ちだ。

この日、大山は4番だった。
サンズとボーアがあまりに調子悪く、スタメンを外れた。
大山がホームランの数を伸ばすには、大山の前後のバッターの調子はかなり重要。
その答えがスタメンを外れることだっていうのはあまりに寂しく複雑なのだが、チームとして大山のアシストは最大限にやってな。

大山が例によってまた、“ホームランキング案件はNG″のようなので、このへんにしとくが、バックスクリーン賞だ。100万円もらえるね(笑)

んで!遥人!
中5日での登板で、力感も意識して変えたと言い、速球を投げずとも変化球を主体に見せることで、三振の数を積み上げていった。
14奪三振。すごかったね。
巨人打線は今日の遥人がいつもとあまりに違うので打ちあぐねたまま。
遥人のストレートは通用しなくなったのか…?9月に入ってからはそんな不安もあったし、今までと同じように投げて打たれるのは見たくなかったので、今日のピッチングは本当に嬉しい。
136キロのストレートで空振り三振、たまにはこんなのも痛快じゃない?(笑)

お立ち台では、
「自分でもよくわからないですけど、うまくリードしてもらってまぁ、カーブとか使って、なんかいい感じに抑えられました。

「なんか」「いい感じ」…(笑)
たまらん!癒される!くぅー!
遥人ナイスピッチ!そしてナイスバッティング!
プロ初完投ありがとう!

で!こればかりは!今日ばかりは!言わせてほしい。
今日バッテリーを組んだ坂本のリードが良かった。
前回9月22日、坂本が遥人と組んだときには、遥人を勝ち投手にすることができなかった。
テンポが合わなかったのかなんなのか、打たれると、やっぱりキャッチャーの責任になってしまう。
んなもん、ピッチャーの責任じゃ!って言いたいけど、リードで変わったことが今日みたいに証明されると、やっぱりキャッチャーに責任ないわけはないわな。

(…と、この日記を書いている最中にも、坂本のリードをお褒めいただく記事を読み漁ってしまい、一向に前に進まない)

そして、お立ち台に一緒に上がった近本!
10月入ってから毎日打ってる。
先頭バッターとして出塁してくれると、なんか、いい感じ!(笑)

[今日のボーア]

レフトは高山、ファーストは原口。
出番に飢えた二人が結果を出した。
健全なチームの姿だ。
あと1日早くても良かったよなー!

ボーア、サンズも頑張れー!

This entry was posted in コラム. Bookmark the permalink.