20点満点!

〈7/28 ヤクルト 5-20 阪神(神宮)〉

勝:秋山
敗:イノーア

えっと…ええーっと…なんやったっけ…(;∀;)
元々自分の記憶力には絶対の不安しかないというのに、それすら回を追うごとにガンガン上書きされていく…(;∀;)
勝ったのに、今、困ってる…(;∀;)

スコアボード書いておきます…

阪神 3 4 2 4 0 6 0 0 1 20
ヤクルト 0 3 0 0 0 0 1 1 0 5

ホームラン書いておきます…
2回表 ボーア満塁
4回表 サンズ満塁
6回表 木浪3ラン

2回裏 宮本3ラン
7回裏 廣岡ソロ
8回裏 塩見ソロ

いつもは、満塁になることもなければ、ホームランもない…なのに、「満塁ホームランが2本」…
あ、もう1回言います「満塁、ホームランが、2本」…
気持ちええー!(笑)

右寄りボーアシフトも、ホームランじゃ関係ないし、サンズは、いい意味しかないのだけど、ときどき壊れるよね(笑)ベンチ前では、高速スリラー?サイコーです(笑)

とかね、いろいろあるんですけど、3回表の打者走者梅野の1塁アウトをめぐっての矢野監督によるリクエスト。
あれ、いる!?(笑)
雨降ったりやんだりでさっさと試合成立させたいのに、矢野監督、ファンにドSの肝試し!たまらんなぁ…(ドM)

と言いつつ試合は無事に9回までやり切った。
秋山は、大量リードに守られながらの完投。
2回の3失点には、どうなるかわからん…と瞬時に思ったものだけどな…(応援日記より)
いや、よかった。最後まで自分のペースを守って投げた。リリーフ陣を休ませることができたのは最高の先発の仕事だ。

一つ一つ見ていくと、ヤクルトの12の四死球と3つのエラーはタイガースに有利になったのは間違いないのだけど、案外攻守ともに堅実にプレーした結果。(案外)

糸原の不在を埋めるように、球団タイ記録となった5得点の近本と、それからホームラン含む4打点の木浪の活躍もあった。
打ちにいきたい気持ちもチームプレーに徹し、四球で繋ぐということも忘れなかった。
クリーンナップが走者を還したことはもちろん、守備ではセカンド植田海のフットワークを活かした好守があった。

島田海吏も、今のうちに結果を出したい選手。
9回の1点は、島田による打点だ。20点目だから試合を左右するものではないけれど、島田には大事な数少ない打席で今季初ヒットを打てた意味ある「1」だ。

さて、と。
大量得点しても、「1勝」。
次の1勝をまたとりにいくぞ。

[今日のボーア]

ヒーインで、「ファンのみなさんにメッセージを」って振られたボーアちゃん。
するとカメラを背にくるっと後ろ振り返って、スタンドのファンに向かって「雨の中最後までいてくれてありがとう」って!
「誰に」ありがとうって言いたいのか、人としてそういうことが自然に出来てしまうボーアちゃん素敵すぎるよ!その背中、かっこよかった!

This entry was posted in コラム. Bookmark the permalink.