ケラーリベンジ投球でカード勝ち越し!ありがとうなぎ!

〈8/7 広島 5-7 阪神(マツダスタジアム)〉

勝:岩貞
S:ケラー
敗:森浦

ガンケルのタイムリーで先制したが、乱打戦の様相。打っても打たれたり。
序盤の劣勢を跳ね返したのは、5回表のロドリゲスとロハスの連続アベック弾!
ムハハハ見たか!
これがタイガースが誇る助っ人下位打線だ!
(下位打線かい)

やっぱりホームランっていいな。チームの空気が変わる。
ロハスをベンチで出迎えたサトテルが、腰の横で手をピヨピヨさせてたのは何?飛んだね~の意?(笑)

両チームとも先発5回持たずの早めの継投で、少し落ち着いたかに見えた同点の7回裏。
一死1,2塁。西川龍馬の打球はセンター前へ抜け勝ち越しタイムリーとなるコース、、だったが!セカンド糸原横っ飛び!おお、お、追いついた!
打球を止めただけでもすごかったのだけど、ここからグラブトス!ボールは中野の身長がもう少しあれば…!と願う高さまで上がってしまったが、そこは中野も目一杯身体を伸ばして捕球。
リクエストによるリプレー検証ののち、一度はセーフだった判定が覆りアウト!
走者を止めただけでなく、アウトまで増やしてくれたとは、めちゃくちゃめちゃくちゃビッグプレーイトハラさん!
グラブトスの際には、グラブも飛んでしまったのだけど、ボールだけが、よくぞちゃんと中野のところまで届いてくれたなと。
糸原がボールの行方を地面からずっと追ってる目線、ああいうのを目ヂカラというのかなと、スロー映像見て思ったり(笑)
決して卓越した守備力の持ち主ではないが、執念の賜物。昨日の今日だからこそ、このプレーには熱狂した。

そして8回表。
先頭は代打陽川。
陽川が面白いんだこれがまた。
2球であっという間に追い込まれると、3球目。ユニフォームをほーんのすこーしかすめるデッドボール。
球審にユニフォームをつまんで見せ、ドヤ顔。あ、いや、ドヤ顔までは見えてないけどもアイツは絶対そうだ(笑)。

そしてこの陽川の代走で出た熊谷が中野のバントで2塁へ進み、お膳立てはできた。

打席には今日のヒーロー島田海吏!
綺麗なヒットで勝ち越し!
しかもまたこのあと、サトテルの犠飛でホームへ戻ってくるという「ありがとうなぎ」連発の展開。

最後は、ケラーが来日初セーブをあげ、ゲームセット。
あの日のリベンジ、ちょっと時間がかかってしまったけれど、やり返すことができて本当によかったと思う。

湯浅と笑顔でKポーズを見せるケラー。
ありがとう!おめでとう!

Posted in コラム | ケラーリベンジ投球でカード勝ち越し!ありがとうなぎ! はコメントを受け付けていません

寝ました。

〈8/6 広島 6x-5 阪神(マツダスタジアム)〉

勝:一岡
敗:岩崎

なんとか書き始めようと頑張ってキーボードのあちこちを叩いてみるのですが、ディスプレイに映し出される文字がシラけてどうにも読む気にもなりません。
何度も消して、もう、とうとう何も出てこないので寝ます。

みなさまおはようございます。
エブリバディグッモーニンです。
7日の朝です。

次の試合が今は大事。

Posted in コラム | 寝ました。 はコメントを受け付けていません

アツアツのナツ

〈8/5 広島 2-3 阪神(マツダスタジアム)〉

勝:西勇
S:岩崎
敗:大瀬良

試合前に、大山と北條のコロナ陽性が発表され、二人は抹消。
毎日のようにどこかで誰かがコロナウイルスに感染して試合から離れる。
今はそれが「一斉に」とならないことを祈るばかり。

離れる選手がいれば上がってくる選手もいて、そのうちの一人にロハス・ジュニアの名前。
4日に抹消となっていたが、特例でまた一軍のベンチに。
それどころかスタメンを勝ち取っている。
この事実だけでもうおもしろい。
だから何かが起こるのは必然だったのかもしれない(笑)
4回表、ロドリゲスをランナーに置いての2ランホームラン。

抹消されたことには残念と言いながらも再昇格の機会を得たことに感謝を述べ、そして
「ロドリゲスは足が遅いのでホームランになってよかった」
なんて笑いながら言えるのもロハスならでは。
明るい性格とホームランにチームは救われた。
守備は…もうちょっと練習してな(笑)

このホームランと、サトテルの「ありがとうなぎ」の犠飛で3点。
これ守るのが大変。
夏場のリリーフ陣の奮闘には本当に頭が下がる。

6回裏、69球の西勇輝を坂倉の打席で代えたのは、矢野監督にキャッチャーならではの危険信号がともったのかな。
早めとなった継投に応えられるピッチャー陣がなんせすごい。

なかでも湯浅の8回は見ごたえあった。
というかもうダメだ…と思って見てたごめんなさいっ
無死1塁で菊池のバントを捕球した湯浅は、2塁へ送球。これがリプレー検証でもセーフの判定となり、無死1,2塁。
湯浅のフィルダースチョイスではなく、受けた中野にエラーがついたのだが、これも納得。中野も湯浅の送球に準備できていなかった。
ただ、湯浅はその中野も救う。
このあと、3番秋山翔吾から始まるクリーンアップ。
秋山を速球でレフトフライに打ち取ると、4番マクブルームに対しては、梅野のサインに何度も首を振り、「決めていた」というスライダーを投じ空振三振に。
5番坂倉には、速球で連続空振三振をとって、ガッツポーズを見せた。

この湯浅の投球は、カープ寄り中継の放送席でも球種を全く当てられず、タイガース寄りテレビ前の私、どれほどの快感だったか!(笑)

ワンバンのフォークをどんなだって受ける梅野と、ランナーがいたってそこに投げ切る湯浅の強気。
自分の名前にかけて「アツアツな投球」とキラースマイルで笑ったそうだが、そう簡単に…おーい!グッズ班あとは頼んだー!(笑)

Posted in コラム | アツアツのナツ はコメントを受け付けていません

負けたけど

〈8/4 巨人 7-0 阪神(東京ドーム)〉

勝:山崎伊
敗:ウィルカーソン

<良かったところ>
・カード勝ち越し
・雨降ってたのに試合ができた
・サッサと終わった(試合時間:2時間38分)
・何点とられようが一敗
・無失策
・緊急登板 石井大智プロ初3回を投げ無失点、初打席にも立った
・リリーフ陣を温存できた
・ケラーさんコロナからおかえり
・及川故障明けの今季初昇格初登板
・島本トミージョン手術以来の復活登板。3年ぶりの一軍登板は打者3人を無失点に。忘れられない14球となった!

<良くなかったところ>
・負けた

Posted in コラム | 負けたけど はコメントを受け付けていません

伊藤将司圧巻の対巨人戦!

〈8/3 巨人 1-2 阪神(東京ドーム)〉

勝:伊藤将
S:岩崎
敗:戸郷

(万全でない巨人が相手なら、余裕で勝ちたい…)
そう思いながら2戦目。今日も今日とて。。

結局のところ、戸郷がちょっと仕事するとこうなのだ。
4安打でよくも勝てたものだと思うけど、3回のランナー置いての中野のタイムリーは気持ちよかったし、5回の梅野のソロは、よくぞ打ってくれたの貴重な決勝点。
梅野は中野のタイムリーで還ってきたランナー。
伊藤将司をテンポよくリードしたのも梅野。
あああ!!梅野しか働いてないのがバレる!!(笑)
梅野、今日の主役の座は伊藤将司に譲ったが、主役食う働きだったと思うな!

その伊藤将司のピッチングの圧巻たるや。
試合中に、伊藤将司についての巨人・金バッティングコーチの話が聞こえてきたのだけど

「やられっぱなしではなく」
「チーム一丸で」
「集中して粘り強く」

それ!しょっちゅう聞いてるタイガースベンチのやつ!!(笑)

結局のところどうしようもないってことでいいかね!?(経験者)

吉川にソロHRを浴び3戦連続の完封勝利は逃したものの、3戦3勝のキラーっぷり。
良い!

勝負どころで緩いボールをきっちり投げ込める度胸も、伊藤将司のピッチングを見ていると本当にスカッとする。

次も頼んだ!
打線は、もうちょっと打とうな!
さぁ行こう!

Posted in コラム | 伊藤将司圧巻の対巨人戦! はコメントを受け付けていません

アレからの逆転勝利!

〈8/2 巨人 3-6 阪神(東京ドーム)〉

勝:青柳
S:岩崎
敗:メルセデス

ちょ、ヤクルト村上5打席連続ホームランって。
プロ野球史上初の記録に貢献したのは我らが阪神タイガース。ふんっ(おめでとう)

さて、コロナで多くの選手が離脱し13試合ぶりの試合となった巨人。
ベストメンバーでは臨めず、離脱期間の影響も残っているはずなのだけど、終わってみれば、タイガースの余裕の勝利でもなく、、ハハハ、、、
スタメンオーダーだけ見てみると「揃っている」ようにも見えたけど、ブルペンが手薄だったのかな。

4回裏の「アレ」はなぁに?
無死1,3塁の4番岡本は見逃し三振にとった。
一走丸を1,2塁間で挟んだとこだけやったわ。喜んだの。
だいたいランダウンプレーになってうまいこといったことなんて一度でもあるのか(言い過ぎ)
1,2塁間のランダウンプレーから三本間へと移り…
サード佐藤輝、捕球ミス
レフト大山、送球ミス

この回、一気に逆転を許す
クラクラした…

でもね!話は飛ぶのだけど、ヒーローインタビューを「熊谷ありがとう」で締めくくった北條いいね!

同点のまま青柳さんの代打で登場。
これはプレッシャーだ。
ちょっと浅いフライに北條は願ったのでは。
三走は惜しみなく出された代走熊谷。
好スタートを切って快足飛ばして生還!勝ち越した!青柳さんの代打で青柳さんに勝ちをつけるって最高!
その前の梅野のバント決めたのも大きな要素だったし、もちろんこの回先頭でヒット打った糸原もね。それぞれが自分の役割に徹した結晶のような勝ち越し点だった。

サトテル打って島田生還の「ありがとうなぎ」も出たし、あれ?終わってみればあのクラクラも飛んでった!
いや、アレは練習して。

Posted in コラム | アレからの逆転勝利! はコメントを受け付けていません

#おっサン伝説

〈7/31 阪神 2-4 ヤクルト(甲子園)〉

勝:田口
S:マクガフ
敗:石井

サンテレビボックス席『真夏の13連戦』―
現場のみなさま、本当におつかれさまでした。
猛暑コロナ禍…簡単なことではなかったと思います。
それでもなんとかやり遂げてくれて、その間、タイガースは借金返済、夢の貯金もでき、ターニングポイントとなったであろうこの期間は、本当に伝説になるかもしれない。
朝はチャンネルを「3」に合わせてから家を出て、帰ればすぐにサンテレビでタテジマが映った。
試合終了まで放送してくれるという安心感、安心感、、、延長戦、、村上甲子園で浜風相手に1試合3本のホームラン、、、
うりゃー!なんでや!スイープして締めくくるやつどこ、、うぁあああ!!

バタッ

Posted in コラム | #おっサン伝説 はコメントを受け付けていません

才木笑顔のお立ち台!

〈7/30 阪神 7-3 ヤクルト(甲子園)〉

勝:才木
敗:小澤

村上がさすがだと思った。
前夜、ライトへと大きな打球を飛ばしたが浜風に阻まれライトフライに倒れたのを、
今日はバックスクリーン左へ放り込んだ。
34号ホームラン。
その内訳はホーム神宮で12本だから得っちゃ得なんだけど、神宮全部引いても22本。2位大山の21本を上回る。
左打者で、甲子園の浜風相手にリベンジした村上には脱帽。
ぶっちゃけこれは現地で観たいとすら思ったほど。
…と、つらつら書いてるのも、勝ったからであり、佐藤輝明にもホームランが出たからだ。

サトテルー!!
昨日4タコ、今日も三振三振…ホームラン!ってなぁに!?(笑)
「才木のために打ちました!ヤッター!」のコメントが天真爛漫そのもので好きだ!(笑)

才木は6回72球。
もうちょっと投げてほしいとも思ったけど、ホームランも打たれているし、しっかり継投。

今日イチは、3回表の山崎から奪った空振り三振の場面。
それまでストレートで押してきたのを、変化球に切り替えた。
バッテリーを組む梅野のリードが頼もしかった。
「腕振ってしっかり投げろ、地面ついていいから」というジェスチャー。
直後、梅野の思うところへフォークを投げ切った才木、投げさせた梅野、山崎は空振り三振。
しびれたー!!
ランナーは2,3塁の場面だったから、梅野は才木に余計なこと考えるスキを与えないようにしてたのもわかる最高のリードだった。

そして4回、打線が繋がった。
チャンスの場面が大好きな糸原が先制のタイムリーを放ったこの回は、延べ11人のバッターが打席に立った。
一人でふたつのアウトとなった近本は、こんな日もあるさと笑っておこう。

「逆転して優勝して日本一に」
長いリハビリを乗り越え遅れてやってきたヒーローはお立ち台でそう言って笑う。
梅野のリードがなかったら危なかったくせに(笑)
あ、なんか目頭熱い。やば。(笑)

Posted in コラム | 才木笑顔のお立ち台! はコメントを受け付けていません

借金はマイナス1!

って借金基準のカウントやめい。

〈7/29 阪神 6-0 ヤクルト(甲子園)〉

勝:西勇
敗:小川

初回の攻撃は、中野島田の連打で無死1,3塁とすると、近本が先制のタイムリーヒット。
さらには、一走近本、二走島田でダブルスチールを成功させた。
エース小川の立ち上がりに、足の速い選手が揃って出塁し、さらに攻撃を緩めない。
後半戦初戦、相手は首位ヤクルト。ツカミはOKというやつだ。

この初回には、大山の詰まった当たりがセカンドの頭上を越えたり、糸原のゴロの間に追加点をあげたりと運も味方した。

近本の1点で終わらない仕掛けをやってモノにしたことはこの日のゲームを左右するどころか、このあとのペナントレースに必ず繋がる。

先発は西勇輝。
初回の3点もあって、試合は西のものとなった。
7回94球。被安打4、無失点。
勝ち星を消されたり、援護がなかったりと不遇が続いたが、これでようやく7勝6敗の貯金1とした。
1年間のローテーションを守る西の白星の数はチームの順位に直結する。

さぁ、援護カモン!
4回裏、ロドリゲスからタイガースでの初ホームランが飛び出した。
レフトの方向を見てからゆっくりと歩を進めたロドリゲス。
甲子園で放つ一発はさぞかし気持ちよかったのではないかと。
8回のダメ押しタイムリーも効いた。

で、お立ち台なのだが、初めてだった前回とは異なり、めっちゃ笑顔、めっちゃ喋る(笑)
あんなに表情固かったくせに、もう馴染んだのか。はやない!?(笑)
前回も大山の隣に立ったのだよね。
なんか懐いとる(笑)

そう!大山!
8回裏、ピッチャー代わりばなの初球!捉えた瞬間の打球音でもうわかる。
レフトへ高く、大きな放物線!
『夏休みこどもまつり』のゲーム。スタンドで観ていたグローブ持った小さな男の子の目の前へ落ちるところまで完璧すぎた!

そして、北條の誕生日。大山は北條へのお祝いに打ったって、それは言い過ぎ(笑)

北條は、西の代打で登場。
バスターを決め、ナイスバスター!ハッピーバースデー!

「放牧」からの糸井おかえり!

長いプロローグは終わって、本編突入。

Posted in コラム | 借金はマイナス1! はコメントを受け付けていません

借金ゼロ!5割でタタタターン!

〈7/24 阪神 1-0 DeNA(甲子園)〉

勝:ガンケル
S:岩崎
敗:濱口

4月5日、10試合目にしてようやく初勝利した日の帰り道、
知り合いの虎党が「これで今年14勝はできるな」とドヤ顔で笑う。
確かに10試合にひとつ勝つ割合ならと自虐ネタに私も笑ったが、
ふと、14勝もできるやろかと不安になったり。
つまりそれぐらい悪い状況はこのあとまだまだ続いた。

スタートダッシュで盛大な大コケをやらかし、NPB史上最低勝率という不名誉な記録を塗り替え、セ・リーグ6球団中7位ぐらいのダントツの最下位。

だったが、←うぉー!!過去形ーー!!
まさかの借金完済!!

46勝46敗2分、勝率5割!!
オールスターまでには少しでもいいから借金減らして…と星勘定すら難しかったあの頃からすれば、考えられないことが起こっている。

今日のはただの一勝じゃない。前半戦の大事な締めくくり。
惜しかったねー、ではダメなのだ。
ようやくゼロの地点。
後半戦、と言っても残り試合は半分を切っているから簡単ではないけれど、
それでも夢を見ることの権利は十分に得た。

今日のゲームは、大山の犠牲フライの1点のみという得点だったが、
ガンケル、浜地、湯浅、岩崎という投手陣はそれでもよしとしてくれた。

球宴は楽しく観るよ!

Posted in コラム | 借金ゼロ!5割でタタタターン! はコメントを受け付けていません