ビッグフィッシング

週末釣場情報

今週末、週明けにどこで何が釣れるのか!?地域別に徹底解説!
情報提供: (週刊釣場速報)

※2020年2月20日時点の情報です

【01】日本海

地図

日本海方面は、京都・宮津沖でアマダイが45センチクラスを頭にいぜんよい人2ケタ釣果と好調をキープしています。
舞鶴湾・上佐(かみさ)波賀(ばか)の筏は、年なしクラスもまじって大型のチヌに期待十分です。

福井・敦賀沖では、ヤリイカが爆釣モード。
トップは3ケタと数釣り続出で、今後も楽しめそうです。
サビキメバルは30センチ前後がよく釣れて好釣果が続々と出ています。


【02】瀬戸内・大阪湾

地図

瀬戸内は、兵庫・相生発のノマセ釣りでヒラメが良型まじりによい人4匹など釣果に期待できそう。
各沖のメバルは30センチクラスの大型を頭にトップは2ケタと魅力的です。

徳島・鳴門海峡周辺のメバルは小型中心ながら、数釣りが楽しめます。
伊島沖のスロージギングではクロムツが絶好調で、51センチの大型も釣れました。

大阪湾のタチウオはメーターオーバーの良型まじりに2ケタ釣果も多数出て、シーズン終盤ながらまだまだ楽しめるでしょう。
岬町の釣り堀ではトラフグがよい人6匹と魅力十分です。


【03】和歌山

地図

和歌山・美浜沖は、飼い付けチヌで年なしクラスが高確率で期待できるほか、大型マダイも釣れました。
見老津沖ではジャンボイサギが釣れ始めました。


【04】三重

地図

三重県は、鳥羽沖でフグのシーズンが到来。
釣ったフグはスタッフがさばいてくれるので数釣っても安心です。
曽根発の天秤ズボ釣りはメダイやブリ、マダイなど好釣果が上がっています。